HOME>日々の雑記

言いたいことは、部分的には共感。

少年「学校にわからせたかった」 通学路暴走動画

危険な運転ですから、やってはいけないことなのですが…全否定まではできない。

日本の法律では、交通弱者が"いびつなカタチで"強者になってしまう側面があります。しかし、それは個人の問題ではなく、やはり教育が足りないのが原因ではないでしょうか。クルマ社会というとドライバー側の問題が重視されますが、非・ドライバー(歩行者・自転車等)にも適切な教育が必要なのではないかと。自動車の運転者側が注意を払うのはもちろん、歩行者や自転車も注意を払うことで、事故は減ると思うのですが。

私が小学校~中学校の頃には、たまに警察主導での交通安全関連のイベントがありましたが、体育館で座学でした。お偉いさんが延々と喋っているだけなので、正直言うと飽きる内容でした。腹話術で進行する類も…同じく。

今ならば、子供にVRゴーグルをつけさせて擬似的に運転させたり、歩行者・自転車で起こりうる危険を体験させて、リスクを擬似的に経験させることをやったほうがイイんじゃないですかね。我々ドライバーも、免許更新時にはVRゴーグル使用でヒヤリ・ハットの事例動画を体験するとか。

…そうすると、警察天下りの方々が、講習で喋るという仕事がなくなるので、やっぱダメなのかなぁ(毒)。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/2630-2651ac11

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】