HOME>日々の雑記

行き着く先は、見えているのか見てみぬフリか。

自動車各社に義務化へ 薄暮時の事故防止

事故防止というところだけを見ればたいへん良いものだと思います。マニュアルミッションにシンクロ機構が搭載され、今はオートマチックトランスミッションが主流。ブレーキは人間ポンピングからABSへ。最近は自動ブレーキなるものも登場。人間カウンターステアから、そこに至らないための横滑り防止機能。その他、クルーズコントロール(実は使い方が分からない私…)の高機能化。

これら全てを網羅するであろう自動運転も研究されていますね。技術は日々進歩しています。これらの技術を究極まで高めると最終形は「全自動運転の電車のようなもの」になるので、人間が運転する自動車である必要性がなくなると思うのですが、自動車メーカーさんは抗議しないのでしょうかね。

もっとも、大多数の方が「自動車=単なる移動手段」で、趣味の要素など求めていなければ望ましい最終形なのでしょう。

個人的には、このレベルまで到達したらクルマは道路からほとんどいなくなり、昔の路面電車のようなものがクルマより優位な存在になり、「通勤用個室(カプセルホテルみたいな感じ?)付の電車に乗れる定期券」みたいなものが登場するかもしれないと思っています。みなさんがクルマに求めているのは趣味性ではなく、今の通勤電車では確保できないプライベート空間が確保できるか否かが境目なのかなと。

進歩した技術を越える運転技術を持ち合わせておりませんが、私は「自動○○機能」が少ない古い車が好きです。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/2570-32623a7d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】