HOME>マイカー事情(他クルマネタ)

まだ2回。

S2000で、サーキット二回目。初回走行は雨でした。今回も、完全ドライとはいかない日でしたが、ドライな場面もあったので一回目よりは得たものもあった。感想をつらつらと。

・イン側にラクに入っていくが、その後、アシがついてこないのでアクセルを踏んでも前に進まず横に逃げる。
 滑ってからの対処は、FD3Sと似たような感じ。焦るほどではない。初期型=ピーキー説があるが、そもそも、そこまで追い込めていない低レベル。当面は無問題と認識。引き続き、ガードレールに吸い込まれないよう注意。
 →アシが柔らかいので、フロント荷重過大でリヤが浮いているせい? 「ならばアンダー気味に!」と思うと、なんだかダラダラ進入になってしまってイマイチ。

・エンジン音は速そうだけど、その感覚でブレーキングするとブレーキが余る。
 →慣れ。イイところを探るしかない。まぁ、クルマ潰すよりはマシですが。

・ホームストレートの失速
 →初回走行時は、スプールバルブの動作不良(VTEC切替不良)を疑っていたが、水温の上がりすぎによる純正ECUの制御かも? 後付のリミッターは問題なさそう。GPSロガーで見たら、バックストレートでは186キロまで出ているし減速感は発生しない。耐久後半のホームストレートでは、謎の減速。アクセル踏んでもギアを変えても反応がない症状が出るのは、いつもホームストレートというのが、謎のようなカギのような。自己レブリミットを500回転ずつ下げてみたけど、出るときは出るみたいな。ホームストレートは上り坂があるけど、バックストレートは下り坂だから負荷が低いのかな? 水温のせいならラジエータ交換必須か。耐久じゃなければ持ちそうなんだけど。

・カネがかからない&走行準備と帰り支度がラク
 →パワーがないのでリヤタイヤの痛み方が優しい。ラジアルだとベロベロに減るかもと覚悟していたけど、走りの低レベルも手伝って、さほどでもない(苦笑)。ブレーキパッドも減らない。そして、積載能力がFD3Sより低いので最低限の荷物を積んでいくから、朝も帰りも積み下ろしがラク。ガソリンも、携行缶が1缶あれば間に合う。

・乗ってて楽しい
 →なんだか愛着が増して、サーキット走行以降も通勤その他でS2000にばっか乗ってる近況。オープンエアーも心地よい。花粉症じゃないから春も無問題。


…で。


仕事は、去年の場所と変わらず元の場所に残留なので、今年も7月まで休み取れない感じ。「金を貯めておけ!」ってことですか(溜息)。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/2535-08402f07

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】