HOME>マイカー事情(他クルマネタ)

ネジを締めたり緩めたり

土曜日は仕事だったので、日曜日に車イジり。冬の終わりに購入して手付かずだったシートレールと、バケットシートの合体。両方ともBRIDE製。レールは先週の夜、残業と就寝の合間を使って仮組を済ませていました。「ハイランドの変」の情報がもう少し早く判明していれば、新型シート+新型シートレールの導入も視野に入れたのですが、情報入手前にFD3Sからのシート流用を前提にシートレールを先に買ってしまったし、FD3Sに現在ついているEXASⅢは使い心地もよいため、大勢に影響はありません。


さて。


純正シートはネジ4本で留まってるだけなのですが、フルバケ交換の際にハンドルセンターを出したり、内装との干渉を避けるためには、ネジを締めたり緩めたりの繰り返しです。…と、これだけだと「タイヘンでした」で終わりなので、その手順。なにげに、シートに付属の説明書にきちんと書いてあることも含まれますが、ホントに初めてやる人には足らないかもしれないので書いてみます。

①純正シートを外し、シートブラケットを仮組みしたシートレールのみを車体に仮止め。シートはまだお預けよ~。

②この状態でシート本体を仮置き&仮止めし、ハンドルセンターが出ているか&内装に干渉しないかを確認しながら位置決め。ハンドルセンター等を確認してからシートを取り外した後、左右のブラケット間が有効寸法を保持しているか、念のため確認。もしかしたらズレているかもしれないので。シートの素材はFRPなので、無理してネジを締め込むと最悪は割れてしまいますから、きっちり寸法出ししておきます。BRIDEだと395mmです。ハンドルセンターや有効寸法はメジャー等で測ることでズレが簡単に分かりますが、前後にシートスライドしたとき、シート本体下部や側面が内装やフレームに過干渉しないかも確認。位置決めしたあとは、シート取付用の純正ボルトが手締めでもスルスルと入っていくか確認が必要。シート位置が決まっても、肝心のレールが着かないのでは意味がないので。ここをクリアして、試しに座ってみて問題なければ位置調整は終わってる感じです。

なお、片側のシートレール位置とブラケット位置の一箇所さえ決めてしまえば、そこを基準に取付位置がほぼ確定します。"微調整"といっても、シートレール取付ボルト位置の4箇所は"ほとんど固定"ですし、ブラケットも一箇所の位置が決まれば、そこを基準に"ほとんど固定"なのです。これが分からない状態で位置を合わせようとしても、シートを組んだり外したりする工程がムダに増えてしまうだけのような気がします。シートレール&車体の取付位置での調整は、最後の最後、微妙~に使えるか否かという程度なので、ここでの調整は無理と考えたほうがよいです。

③上記位置決めが終わったら、ブラケットの固定位置が分かるように養生テープを貼り付け。
 (「ここだ!」と仮止めしていても、本締めしたときにどうしてもブラケットが動くため必須。ブラケットの角や端っこが、どこになれば良いのか分かるように貼る感じ。)

④シートレールをいったん外す。

⑤目印からずれないよう、車外でブラケットを本締め。といっても一箇所の精度が高ければ、付くようにしか付きませんし、決めた位置からズレません。その後、シートレールとシートを合体。シートベルトキャッチャーも忘れずに。
 (BRIDEのように、ベルトキャッチャー取付ブラケットとシートレール取付ブラケットが共締めの場合、位置決めの養生テープがここで効いてくる。)
⑥組みあがったシート&シートレールを車体に取り付けて、問題がなければ作業完了。私は、運よく(?)一回の位置決めと本締めで終わりました。それでも時間はそれなりにかかってしまいましたが。

なお、センターコンソール側のシートスライド用レバーは手が入らなくなるので、ホームセンターでφ2のワイヤーを購入し、レバーを引っ張るときのための輪っかを作ってレバーに取付。材料費は300円程度。金属製のワイヤーならそうそう切れないでしょう。違和感なくラクにシート位置を調整できるので、動作良好です。BRIDEも分かっていらっしゃるようで、レバー先端には紐やワイヤーの類を通せる穴が最初から開けてあります(わらい)。


人によっては大事なところ。


クスコのロールバー併用だと、ロールバー取付ボルトとシートレール下部の補強板が干渉して取付できませんでした。1本だけ干渉するのでそいつを取り外し、低頭ボルトと交換して事なきを得ました。補強板を削ったり切ったりする手法もあるのでしょうが、私には無理。上級者は、板にボルトを逃がす穴を開けてからバーリング加工すれば、強度も問題なし…かな?

ともあれ、いわゆる旧型のシートレール&シートですが、面倒くさがらなければ問題なくセンター出しが可能でした。


余談。


S2000でフルバケにする場合、NSXのシートベルトキャッチャーの流用が行われる理由が分かりました。通常位置だとベルトの金具が刺さらないです。金具を曲げれば解消できそうですが、シートベルトだけにそれはどうかと。折れたら役に立たない。NSX用だと寸法が長く、バケット交換によって狭くなった空間を抜け出してくるので具合がいい模様。でも、S2000純正シートベルトキャッチャーでも、やや後方に倒してから金具を刺せば問題ない。別に要らないかな。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/2497-fdd24093

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】