HOME>日々の雑記

見えたものは何か

「あなたの知らない世界」的なジャンル。


今日は、気心の知れた仲間と飲みに行っていたのですが、それ系の話題が出た。


基本的に"その類"は全く信じていない人でも、そういった事象に遭遇すると


「そういうこともあるんだな」


と思うようになるようだ。私もそっち寄り。自分が体感するまではウソだと思ってたし、体感した後も「疲れていたんだろう」と思っていたけど、何回も続くと受け入れてしまうというか。


震災後、そのようなスポットが多数あるようですが、私の場合はそういう「有名どころ」では何も見えないし、感じない。


私の場合、近所のコンビニに行く途中とか、職場の中とか、会社の帰り道とか…いわゆる日常で遭遇している。


見えた瞬間は普通の人と同じだから、怖くもなんともない。
(ただし、後から思えば変な場所で突っ立っていたりうずくまっていたりする。ある意味、鈍感?)

だいたいのパターンとして、目と目が合った瞬間にスーッと消えられる。「…え???」みたいな。

でも、"見える系"よりも、声や音で聴覚や脳自体に干渉してくるやつのほうがビビる&実害がある気がします。
(私が体の自由を奪われたのは、霧状の物体、鳥、子供の声でした。子供の声が最凶でした。)

なお、我が家では「猫がスリスリしていく感触」というやつを、家族全員が体験しております。
感触はあるけど、そこには生きている猫がいないという。
特に害はないので、「あぁ、昔飼っていた○○ちゃんかな?」という感じ。


非科学的な内容ですので、鼻で笑って頂ければ。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/2341-6e2904cc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】