HOME>日々の雑記

雑感

こないだの金曜日。

終わりの見えない残業中に地震。イヤなサウンドと共に館内放送。


「20秒後に地震が来ます(システムの自動音声)」


という放送だった。予想震度は4だけど、揺れの強さから躊躇せずに机の下に潜る。
(あれだけの体験をしていても、潜らない人はいましたね…。)

幸い、大した被害はなかったが、みんなソワソワ。

その後の対応は周りの人に任せ、自分の仕事に戻る。
テレビを注視したり、突っ立って話をする人は、最小限でよいでしょう。
フツーに0時近くまで残業。


さて、帰宅。


残業中の職場で、「ガソリンスタンドに行列が出来ている」との話を聞いていた。
帰り道の途中にある、いつも使っている24時間営業のガソリンスタンドは閉店でした。
売り切れたんですかね。地震前から予定していたマーチ君の給油は取りやめ。

翌日となる本日午後、ガソリンスタンドへ。フツーに営業してました。
マーチ君のガソリン給油と、なくなっていた灯油の買い足し。
県外に通勤している親父のために、携行缶に1缶だけ給油+FD3Sに給油。

限界まで買いだめする気になれば、携行缶はあと二つあるけど…それはやりすぎかなと。
先の震災の経験だと、約1ヶ月すれば燃料供給は再開されますから、こんなもんでいいでしょ。
「自宅給油所@ピンク号の半分(パコパコポンプ吸出しの限界)」でじゅうぶん。
一週間以内は余震に注意とはいえ、囲いすぎもイクナイかなと。


雑感。


あれだけの経験をしていても(いや、しているせいなのか?)、やはり、プチパニックは起こるようですね。
自分も、そのうちの一人だけど。


あらためての懸念。


冬場なら、食料がそう簡単に腐らないからいいけど…夏場の震災に備えた食料備蓄は、よく考えておかないとなぁと思った。
冬場の震災なら、服を着込めば寒さを凌げるし、汗をかきにくいから風呂や洗濯も最小限でなんとか凌げるけど、夏場は…。夏場の震災って、いろいろと厳しいかもね。

先の震災では、我が家は幸運なことに水道が止まらなかったけど、次も止まらない保証はない。
雨水を溜めるタンクの設置を検討しようかな。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/2315-d18c53fa

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】