HOME>バドミントン

試合結果

今日は混合ダブルスの大会でした。クラスは一番下だけど、優勝できました。
相方は初の個人入賞&優勝なので喜んでいました。よかったよかった♪


毎週日曜日の夜練習の成果と思いたい。次の土曜からは2泊3日で遠征試合なので、いい滑り出し。


ちょいと不安だった足の故障は再発なし。
(R&Rでのバースト&ドアンダーで痛めた左手首は完治していないが、バドには関係なかったし。)

ストレッチ内容を改善したおかげかな。サーキットでも活かせる、かも(冬場の足吊り防止)。


思ったこと。


試合中、相手が抱えていた肩の痛みが再発した模様。脱臼気味になったようでかなり痛むらしく、プレー中断。
相手チームが急いで運営本部に行くが、応急処置用の医療品がなかった模様。怪我したプレーヤーは激痛と悔しさで泣いていた。



「え? 運営ってなにも用意してないの!? 開会式で『怪我するな』って言って終わり!?」
と思ったけど、そんなこと言ってる場合じゃない。


そこで、遠征用に買ったばかりの自分の冷却スプレーを急いで取りに行って貸した。幸い、激痛は引いたようだ。


相手は棄権しなかったので、試合は続行。プレー再会前、若干戸惑っていた相方には


「相手がケガしてるからって、攻め方を変えちゃダメ! むしろ狙っていくよ。」と通達。


棄権せずにコートに立って試合を続行したのだから、ケガだなんだは関係ない。



行動に矛盾があるようだけど、そうじゃないと思います。
試合中は「絶対に倒す!」と思うけど、相手を憎んでいるわけではない。
自分達の勝ちのためだけに、困っている人を無視するような人間にはなりたくない。


クルマも同じ…かな。甘いんですかね。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/2274-4f5c365b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】