HOME>日々の雑記

…たしかに。

「…たしかに。お金って、冷静に見ればタダの紙っぺらですよね。」


某所ブログを拝見して、そう思った次第。 


実際、去年の震災時(3月~4月)はお金を使わなかったというか、使いたくても使えなかった。
お店はやってないし、資源には限りがあるから、モノを買いたくても買えない状況があった。


自宅にあった冷凍食品。ロウソクや懐中電灯。

タイマー機能など無いが、煮炊きが出来る反射式ストーブ@乾電池駆動。

ボロいながらも通勤に使えた自転車。 そして、水。


これらのほうがよっぽど役に立ったというか、忘れていた本質に気づかされたというか。


モノが大事でした。 "モノがモノを言わせていた" という状況。

※もっとも、うなるほどのカネがあった人は、あの状況でもカネで解決できていたんでしょうけどね。



普段は何の疑問も持たず、


生活があるから仕事をしている → 仕事をしているからお金が得られる → お金があるから生活ができる


と思っていますが…そうじゃなくなるときって簡単にやってくるんですね。


モノ以上にありがたかったのが、人と人との繋がり。


その人の人間性というか、人と人の関係? その辺が露わになったというか。
(私はともかく)私の友人たちのほとんどは、震災以降に魅力が増したから良いのですけれど、震災当時の職場では若干イヤなものも見ました。

おいそれと今の価値観(というか社会体系)から離れられないのは重々承知しておりますが、


「忙しさにかまかけて、大事なものを見失っちゃ~いかんなぁ。」


と思いました。泡盛を飲みながら(わらい)。


話のレベルは急激に落ちますが、今の状況は…お金は多少あるけど、クルマ遊びが出来ません。仕事が忙しくて。

最近は、寝ても疲れが取れない。加齢の影響もあるが(自虐)、仕事比重が高すぎる。


生活・仕事・お金のトライアングルよりも大事なのは、自分の心と体ですね。


明日から、仕事に行くのをやめる…ってのはやりすぎだけど、仕事がヤバくても定時で帰ってみようかなぁ。結果は知らん。


なんとかなるべ。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/2233-72f8b03d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】