HOME>日々の雑記

表記は「刺身」ですが…

近所のスーパーに、テナントとして入っている地元の魚屋さんには、たまに珍しいものが置いてある。

何年か前、ここで初めて「モーカの星(サメの心臓)」を見て、買って、食べました。多少のクセはあるけど、ビールに合う逸品。いい意味で、味と値段が釣り合っていない。時期が限られているのがもどかしい。見かけたら必ず買ってます。


で、先日、新たな"未確認刺身物体"が。


球状の半透明の物体。表記は刺身。 ※私には問題ないものの、感じ方には個人差があるかもしれないので画像は載せない。

お店の人に尋ねてみると、「タコの卵です」との回答。ずっしり重いのに300円程度。物は試しと買ってみた。


帰宅してから調べてみると、北海道などでは「たこまんま」と呼ばれているらしい。卵がバラバラになると、米のように見えるからなのかな。

表面の薄皮を包丁で裂いて、水を張ったボールでほぐす。

その後は、醤油やポン酢で刺身のように食べてもいいし、醤油やみりん等で漬け込んで塩辛にしてもよい。

今回は、両方試してみた。300円程度なのに、ずっしりと3玉(?」)入っていたので。

刺身風の食い方だと、好き嫌いのほとんどない私でも風味を強く感じる。キライな人はだめかも。
個人的には、酒のつまみとしてはかなりの上位。よい風味を完全に殺さないまでも、生臭さを和らげてくれるポン酢がイイ感じ。


驚いたのが塩辛。


シンプルに、醤油だけを使用して一晩寝かせてみたというテキトー具合。

それなのに、味は"ほぼイクラ”ですよ。

醤油オンリーじゃなくて、酒やみりんを使って漬け込んだら、もっと美味しくなるのかも。


※嫁の地元では、タコではないけどイカの卵は一般的らしく、タコの卵を食べた感想は「懐かしい味」。
 生食のほか、煮て食べたりするようです。


この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/2229-676713f6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】