HOME>パソコン関連

無線ルータの設定

最近の製品は良く出来ているようで、プロバイダからの設定を入力して、手順に従って「次へ」を押していればインターネット接続は完了した。いわゆる「簡単設定」というところ。

しかし、PPPoEで接続先を複数持つとなると「簡単設定」がアダとなり、ちゃんと設定したつもりでも思った場所に接続できないのね。

もっとも、もうひとつの接続先はBフレッツの専用サイトで、今までもほとんど見たことがないのですが(爆)、「繋げられないと負けた気がする!」という意地だけで設定にこぎつけました。

トップページが見られるようになったら満足しました。次はいつ開くのかな、このサイト。

最初にうまく行かなかった経緯。

簡単設定だと、インターネット回線も専用回線も、認証まではクリアして通信可能状態となるのですが、専用サイトのアドレスを直叩きしても専用サイトに繋がらない。

なぜかというと、「簡単設定」では常にインターネット回線接続が優先され、専用回線にたどり着けない。

結論としては、「簡単設定」に加えてルーティング情報を追加する必要がありました。

「簡単設定」だと、ルータのステータス確認面上では全ての設定がうまくいっている(ように見える)のが罠です。
ステータスを確認すると"接続状態:通信中"とか表示されているのにまったく繋がらないから、少しハマッた(恥)。
「簡単設定」の余計なお世話(※)が邪魔していることに気がつくまでに時間がかかってしまった。

※専用サイトのURLを入力しても、専用サイトのIPアドレスを直接入力しても、勝手にアドレス変換してしまう。賢いんだかなんだか。




この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/2188-a3fad79c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】