HOME>日々の雑記

懺悔

先日の月曜日、成人の日。ふと、スーツを買い足そうということで紳士服店へ。何年振りでしょうね(汗)

お店の自動ドアが開くとすぐに、おにゃのこの店員さんが近づいてきた。
20代前半か半ばぐらいで、モデルさんみたいに背の高いコ。


「本日は何をお探しですか?」


今日はすでに買う方向でお店に来ているので鬱陶しくはなく、むしろ歓迎。スーツを買いに来たことを伝えると、


「サイズはご存知ですか?」


…分からない。そんなしょっちゅう買わないからね。すると、サイズを測ってくれることに。

まずはウェストからということで、店員さんがしゃがんだ。
私は、自分の手がジャマになると思い、だらりと下がっていた両手を少し左右に浮かせた。


そのとき。


「むにゅっ。」


…えっ? …あっ。 

【 あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!(以下省略)】

jojopol_org.jpg


右手の甲が"何か"に当たった。思いっきり、店員さんの胸に当たってしまったようだ…(焦)


しかし、ここで「すみません」と言うのも相手に取っては微妙かと思ったし、「じゃぁ、なんと弁解すればいいのか!?」と、プチパニック。

そんなことを考えているうちに、店員さんは何事もなかったかのごとく、にこやか(※内心は知らない…)&サラリと営業トークが続いたため、結局「何も言えなくて冬@J-WALK」状態。

私は、買い物が終わるまで気まずさ100%(マジ)。

買い物を終えた後にマーチの車内に乗り込み、同行していた嫁に素直にゲロしたら笑ってました(※)。
こっちにとっては笑い事じゃないんですがね。店を出るまでの、あの気まずさが伝わらなかったのか。

※ていうか、それでいいんですか? 事故とはいえ、ダンナが他人のオパーイ触ったのに。


【参考文献】 (※注)私の場合は手の甲だから、掴んでないよ!
シン・アスカ

…ラッキー? アン・ラッキーです。短足に合わせてすそ上げしているので、引き取りに行くときが鬱…

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/2181-1446469c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】