HOME>ニュースとか

サッカーはよく分からないけど

松田選手の他も…世界のサッカー界、相次ぐトップ選手の急死

スポーツで鍛えた人のほか、例えば、歌を歌うために心肺機能を鍛えた人とかは、心臓に強い負荷を与えても心拍数が低くなっていく人がいるそうです。緊張等による心拍数上昇による血流増を減らし、効率良く血を回すようになるんでしょうね。

で。

>先天的な心臓の弱さが一因

どこまで調べた結果か分からないけど、これは、亡くなった人に対する冒涜とも取れるんじゃないか?

とはいうものの。

実は、スポーツってカラダに悪いんです、いやホントに。 "度を越すと"っていう条件つきですが、プロなら簡単に越しちゃいます。サッカーに限らず、しばらく前からとっくに分かっていることなんですけど、表の話題としてはまず挙がりません。そりゃ~理解されないでしょうからね。

社会通念として、 「スポーツ = 健康・健全・絶対的に良いもの」

という図式が出来上がっていますから。

「エコ」とか「リサイクル」とか「省エネ」と同様、イメージ先行である社会常識を守りつつの公的見解となると、こういう「逃げ」になるのかなぁ。

でも、「亡くなった人の心臓が弱かった」みたいな見解には、違和感というか嫌悪を感じる。

サッカーはよく分からないけど、松田選手の死が「心臓が弱かった」で片付けられるのは、不快だ。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/2071-f2f59cbe

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】