HOME>ラジコン

なんとなく感じたもの

こないだ始めたラジコン。

ぶつけながらも楽しく走れたし、最後のほうは一定の上達具合を確認できて満足。

次の走行では、ハネたら止まらないオイルなし&調整機能なしの純正足→オイル入りサスペンション(車高調整機能つき!)で、どんな風になるのか楽しみです。

まだコースを一回走らせただけですが、いろいろと思うことが。

(※以後の記事は、別に実車を否定するものではありません。どっちにしろって言われたら、金持ちじゃないけど実車を取るし。)

「ぶつけながら」なんて、実車だったらよほどの資金力がないとムリですね。

ゲームでも同じメリットを享受できるし、なんといっても家で出来るからラジコンよりもさらにお手軽。

でも、ウチの家族会議ではNGでした。

実車&ゲームと、ラジコンが違う点は、車体を俯瞰で遠巻きに見られること。

操作に不慣れなので、良くも悪くもライン取りなどどこへやら。

コースの壁の内側ギリギリに留まるのが精一杯だったため、ラインは終始メチャクチャでした。

自分では、テールを流して曲がっているという意識などなかったけど、第三者から見ると「スライドで曲げてたね」的な話が。

…いや、まったく記憶がありません。

操作に精一杯で、車体がスライドしているorしていないなんて確認している余裕がなく、ただただ「さっきよりも速く、ぶつけずに走らせたい」という思いだけで操作していました。

ラジコンは、実車やゲームやカートよりもさらに操作が忙しい(考えていられる絶対時間が短い)ので、速く走るイメージが固まっていないとあっさり失敗します。だいたいは、減速遅れとかステアインの遅れとか。短い時間での判断と操作が求められます。

…ん。自分に大きく欠けているのは『この辺』なのか。イメージ(意思)とクルマとを繋ぐ対応能力。

「操作のタイミング」とか「スライドの有無」にばかり意識を取られると、実車はまだまだ"もがき”が続くなぁという気がした。


『クルマと自分自身を信じろ!』


このアドバイスを、次の走行(実車)にてカタチにしたい。

アドバイスの主は、ま~たまただいぶ遠くに行っちゃいましたからねぇ。

あ。次の実車は8/16(火)のハイランドマイペを狙ってました。誰か行く?

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/2066-f4b65788

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】