HOME>日々の雑記

「すみません」の一言から。

酒屋で声をかけられた。

「日本酒を買いたいんだけど、日本酒どこにあるの?」と、裸の5千円札を握り締めたおじさん…というかおじいさん?

スーパー併設の店なのだが、まぁまぁ広い店のため日本酒が見つけられないようだ。といっても一周すれば見つかるんだけどね。


(…いや、俺はこの店にはウィスキーとつまみしか買いに来ないから、日本酒コーナーがどこにあるかなんてピンポイントでは分からんぜよ)

と思いつつ、「こっちじゃないですか?」と案内すると、当たりでした。

すると、

「あぁ~。瓶じゃなくて、紙パックのやつねぇかなぁ~?」
「瓶だと、処分が困るらしいんだ。」

(あぁ、おつかいで「紙パックの日本酒を買って来い」と言われたけど、ふだん酒飲まない人なんだな。それはいいが、俺を店員と間違えてないか?)

と思いつつ、「紙パックだとこの棚あたりですね。」と指し示す。

(好きなの選んでください。では。)

と思ったら…

「どれがいいんだべなぁ??? 無難なのはやっぱ月桂冠か?」

「…あれ? 月桂冠つってもいろいろあるな。 どれがいいんだ? わかんねぇなぁ。」

と、まだ話かけられます。ていうかさ、俺を店員と(ry

いやぁ、紙パックの日本酒は飲んだことないから、どれが良いかなど分からないんですけど…。

とりあえず、藤原紀香がCMでうまそうに飲んでいたのを思い出し、飲んだことないのに

「だったら、『月桂冠 つき』あたりがいいんじゃないですか?」と答える。言われるままに『月桂冠 つき』を手に取ってレジに向かうおじいさん。マジか。


イイことしたんだか、地雷踏ませたんだか分からない、このモヤモヤ感はなんだ。

酒の種類が分からない人に「紙パックの日本酒を買ってきて」と指示するぐらいだから、味はなんでもいい人なんだろうけどさ。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/2019-ae734ee5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】