HOME>日々の雑記

突入

前から気になっていた店に、勇気を振り絞って(?)やっと入ってみた。場所は、国道4号沿いの名取市内。ケーズデンキ(正式社名は全部カタカナなんだね)の敷地の外の隅っこにあるお店。

開店は11時だったが、入店したのは11時半。まだ他の客はいなかった。

「バイキングですか?」と尋ねられる。「はい。」と答えるとそこからはご自由にどうぞという流れ。

まずはサフランライスを釜から取り分ける。釜を開けた瞬間から、スパイスの良い香り。

カレーの種類は豊富でした。私が入ったときは

・豆カレー(ひよこ豆と、小ぶりの平べったい豆;種類分からずの2種)
・サグチキン(ほうれん草カレー)
・ベジタブルカレー(根菜メイン)
・キーマカレー
・マトンカレー
・チキンカレー
・バターチキンマサラ

…と、ウィスキーを飲みながらだと思い出すのがタイヘンな、なんと全8種類! インド人もび(ry

で、サフランライスとカレーに夢中になっていると、ほどなくして焼きたての「どでかいナン」が運ばれてくる。

ナンの厚みは薄いが、パリパリ&もちもちのコンビネーションでなかなか良い。ていうかこの大きさで厚みもあったら、これだけで腹いっぱいになりそうだから、薄いくらいでちょうど良い。

1枚目から頼めるのかどうかは分からないけど、「小さめで」というと対応してくれる模様。2枚目のナンを食う猛者がそのようにオーダーしていました。サフランライスを食べないならそれもアリかもね。

カレーは、最初はかなり甘口になっているようです。バイキングで取り終わってから、お店の人に「もうちょい辛く」とか「もっと辛く!」とか頼むと、シェフがなにやら辛味を調整してくれるみたいです。

「カレーは好きだけど、インドカレー=かなり辛いのは勘弁だ」という人には安心のシステムかもしれません。
バイキングなのに辛味調整ができるというのも良いアイデアだと思います。我々夫婦は、デフォのまま辛くしないで味と香りを楽しんできましたけど。

ラッシーも飲めるし、(最初からすごく甘いのが個人的にきついが)チャイも飲めます。我々が入店したときは、お米のプリン(固形ではなく、お米がメインの濃厚なソースという感じ)なんて変り種も。「一口だけもらう」と言った嫁が、止まらなくなったのか何口か食ってました。いい意味で、お米という感じがしないデザートでした。

食っている途中、次々とお客さんが入店。けっこう人気があるのね。

お値段は1200円。次回は千円になるチラシももらった。

第一印象では高いような気がする人がいるかもしれないけど、インドカレー屋だとカレー&ナン(orライス)だけで千円ぐらいはするから、8種類のカレー+サイドメニュー+デザート・ドリンクという構成であればかなりお得なのでは。味も、「バイキング=味はそれなり」というレベルではなく、一つ一つに個性があって、美味しかったです。
(※でも、私の中の「ナンバーワン・インド料理シェフ」の順位は不動でしたが…。)

ガンダーラ カフェ 名取店
宮城県名取市上余田字千刈田464-1

9:00~11:00(モーニングサービス)
11:00~15:00
17:00~22:00

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1920-570d3c58

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】