HOME>日々の雑記

ボクは商才もないし女子の気持ちも分からないらしい。

家の近所に話題のチーズケーキ屋さんが出来た(最近じゃなくて11月らしいんだけどね…)ということなので、嫁の分と職場の女子分として大人買いしました。11種類あるんだけど、選ぶといっても選ぶ知識がなかったのでね。

「バカ舌なので、一度に全種類食べないと違いが分からない」という思いと、11種類という数が職場女子の人数とたまたま一致していたので、11種×2個ずつ(家&職場)=22個という選択。平日の朝からケーキを22個買う30過ぎの男。どうなんだ。

さて。

嫁が11種類を食べた感想(俺と半分ずつ)。

「好みが分かったから、次は買う種類を選んで○○味を何個と△△味を何個…という買い方になりそう。」

俺が11種類を食べた感想。

「美味しいけど、高くなってもいいから"一個あたりの量"がもうちょい欲しい(※)かなぁ。」

「酒に合うのは、■■と◎◎だな。次に買うならこれで決まり!」

「そもそも、このチーズを食ったことがない。酒のつまみにチーズそのものも食ってみたいな、」
(↑ケーキを食っても酒のことしか考えられない可哀相な人発見。)

※一個あたりが、かな~り小さめ。でも、手間を考えれば値段としては妥当だと思う。


職場の女子11人が食べた感想ダイジェスト。

「美味しい!(家から遠いし平日しかやってないけど)買いに行きたいかも!」

「量(と値段)はこれでいいと思う。ちょっとずつ、いろんな種類を安い値段で食べたいから。」

買ったときに同梱されていたパンフレットを眺めて、場所を確認していたようです。

俺に商才はないらしいな。女子の気持ちもわかりましぇん。美味しく食べてもらえばそれでいいのですけど。

「店に行くまでの、目立つ目標物は?」

と聞かれたけど、ないんだよねこれが。よっぽど用がなければ行かない住宅地ですから。

「近くに森があるよ。昔、その森で五寸釘を踏んだ(マジデ)」

と言ってもまず分からないだろうし、こんなグロい話をしたらドン引きされるのでネタでも言ってませんわ。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1916-b020120d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】