HOME>バドミントン

たまに「当たる」

ガット張力を上げた初日のプレイは「やっぱタービン交換と同じか…↓」という具合にシャトルが飛ばなかったのですが、今週は自分が驚くほどシャトルが飛ぶときがあった。それでもド真ん中には当たっていない感じですが、スマッシュ一発で点を取れる場面が何度か。技術がなくとも、たまたま真ん中に当たると本人が驚くぐらいの勢いでシャトルが飛ぶ。コートじゃなくて相手のボディに叩き込んでしまった場面については反省。そこまではコントロール出来ないんです…ごめんなさい。

ここ最近でサーキットを2回走ってるので(カートも入れれば3回か?)、シャトルを捉える目のほうも調子がよい。相手が返した至近距離でのドライブを、打たれた直後に至近距離で叩き落したり。「見えた!」というほどの確信はないけど、反応して手を動かしてみたら決まっていた…という程度ですが。

サーブもバリエーションを一つ増やしました。

こないだ対戦した相手が打っていた「アウトになりそうな、斜めに速く飛ばすサーブ」を真似て打っているのですが、これがけっこう決まる。自分的には間違いなくアウトっぽいんだけど、相手が触りたくなる角度なのでしょうか。相手の空振りやタッチで点が取れることが多い。読まれたら多用はできないけどね。

ラケットを持つ手を下げないことに関してはだいぶ改善されてきたが、最近は自分なりに

「手を上げすぎても反応が遅れる?」

という気がしています。ラケットは常に立てておかなきゃいけないけど、ラケットを持つ手を高く構えすぎていると、鋭角に打ち込まれたシャトルは速度を問わず返し遅れることがあるような。

「ラケット下がってるよ!」と注意されることがあるのですが、ラケットだけ立てて手は上げすぎないことが大事なのかも。

相変わらず、防御時の動きというかポジション取りはダメだな。進歩に乏しい。「読みすぎ」に注意しないと。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1867-d56b6ce7

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】