HOME>マイカー事情(他クルマネタ)

とりあえず走れる状態

3連休は雨の日が多いと言われていましたが、昨日と今日で車両整備をだいぶやれました。トラブルもあったけどね…。

ホイールベースは、左右差ゼロとはいかないけどかなり頑張って差を減らしました。右はカタログ値ぴったりですが左が短い。で、左側のホイールベースを伸ばすためにキャスターをつけるとひどいポジティブキャンバー。これはだめだ。

仕方なく、調整前のキャンバー角を現状維持するようにキャスターを寝かせて誤差を減らすこととしました。これだけで、何度もジャッキアップ&ダウン。

ホイールベースズレの原因は、アームのブッシュがダメになっているせいかもね。調整式のトーコンロアアームでホイールベースの微調整をすることもあるらしいし。

が。

今まで1.5センチ弱ずれていたけど、ひどいと思うほどの挙動はなかった。調整後も、普通にいい感じです。これ以上はホイールベースについてあまり追求しないことにします。それこそ機械計測・調整の領域かと。

続いてブレーキフルードのエア抜き。嫁に手伝ってもらって作業しました。作業自体は問題なく終わったのですが、ブリーダープラグは4つ全て交換したほうが良さそう。右フロントはボルトをかける部分がナメかかっている。
(こないだ初めて作業したとき、工具かける前からナメてたので私のせいではないヨ。)


問題は左リヤ。

エア抜きが終了し、プラグを締めてキャップを装着した途端、プラグの根元からフルードが滲んでくるではありませんか! 何故!? そんなにチカラ入れてないよ。

おそらく、キャップ開放状態だと微妙に圧が抜けるためか漏れてこないのですが、キャップをすると圧の逃げ場が減って滲んでくる感じ。過去に締めすぎたのか、熱で受け側のネジが開いてしまったのかは分かりませんが、レンチが止まる位置まで締めてしまうと締め込み過ぎとなって滲むようです。ちょっとイヤだけど「いい具合に締まるポイント」を探り、滲みは解消。

その後、嫁にブレーキ踏んでもらって圧をかけて確認したけど滲んでいない。気分的にはさっさと対策しておきたいけど、プラグ交換で直るのか、受け側(キャリパー)のネジがダメになっているのかは謎。安いほうから対策か。リヤキャリパーも熱とサビで汚い茶色になっているので交換時期といえるのですが。S15みたいに熱変形しすぎて漏れる前に対策しなきゃダメか?

そういえば、今回はフロント側から真っ黒いフルードと気泡がたくさん出ました。リヤはほどほど。
交換後の試走では、フニャフニャのタッチが解消されていました。2回目の作業なので、ちゃんと止まるのかどうか不安でしたが、バッチリでした!

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1799-203a83a0

コメント

なるほど
例のイカスミが出てきました。気泡もたーくさん。

で、フルードですがアールズのほうが安い&小分けになってていいかも。沸点はドライ/ウェットともにトラストのほうが優秀だけど、使い切るまでに吸湿しそうだし。

とりあえず3本で。(発注単位等の問題がなければ)
代金は、17日(日)の午後か、24日(日)の午前or午後にお渡しできるはず。
それは
前回フルード全交換したのにまだ出てくるって事はABSユニットに残っていたフルードが出てきたと思うよ

ついでだからココに書くけどアールズのフルード今週発注するけど買う?

トラスト スーパーDOT4  1L  ¥3990   ドライ318℃  ウエット210℃ 
     
アールズ     DOT4  356ml \630 ドライ280℃  ウエット202℃

トラストDOT4、DOT5もう売ってないのねスーパーDOT4のみ取り扱い。
アールズの値段は円高の影響でこの価格、定価は1050円

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】