HOME>日々の雑記

真面目に?

仕事してましたよ。データベース2本目もそろそろ完成。集中していると時間が経つのが早い。

これから先は、ちょっと考えて進まなければならない。

「誰でも簡単に作業できるもの」となると、Accessでフォームを作りこみ、簡単な条件入力とボタン操作メインで作業が進むほうがよい。

が、これを作りこむとバックヤード(裏で人知れず動くクエリやフォームの設定など)は複雑になり、何かしらの内部メンテナンスが必要となったときに「誰でも簡単に…」の部分を満たせなくなる。

(原型自体が複雑だから仕方ない面もあるし、現状でも「誰でも簡単に…」の部分はすでに崩壊しているんだけどね。全体の構成を理解するのにしばらくかかりましたもの。)


対して、Excel(※VBやマクロを多用していない前提)の場合はバックヤードが丸見えなので、最終的にはセル1個ずつのレベルを力技で追えばなんとかなる場合が多い。ただし、手間と時間はかかるし、力技で追って修正した結果、構成が壊れてしまった場合は悲惨。(式の作りにもよるが)うかつにファイル名や行列の変更を行うと画面に#REF!や#VALUEが表示されて、苦手な人にはもはや母体がAccessであろうがExcelであろうが「簡単」ではなくなってしまう。

この中間(というか落としどころ)を決めるのに悩んでいます。候補としては

①毎月作成しているExcelのファイルをAccessにインポート

②Accessで自動計算し、データのほかにレポート出力も行う(紙媒体)

③計算に使用した変数と計算経過~結果もエクスポート可能にする
 (何に何を足している、何に何を掛けているかを、視覚的に分かりやすいよう出力)

こんな流れで動くものを検討中。

これだと、①は毎月見慣れているから中身が分かるし、②がうまく動かないときでも③で「何がどうなってこの結果が出ているのか?」を把握できるため、②のAccessがメンテナンス不能となっても手作業フォローでなんとかなる確率が上がる…と思っているんだけど、どうかな。

「③が動かないと終わりじゃん!」って話もありますが、業務性質上、そこまで急激に内容が変わることはないので、大丈夫、だと思う。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1768-d63ff2b1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】