HOME>バドミントン

今年3回目の公式試合

今日はいつも所属しているチームで参戦できました。そうじゃないことのほうが少ないんだろうけどね。

朝メシを買おうと立ち寄ったミニストップのラインナップを見て唖然。温かい炭水化物(パスタあたり)を買おうと思っていたのに、冷たいそば・うどん・ラーメン類しかない。○○弁当系のおかずは肉料理がほとんどなのでパス。仕方ないのできしめんにしましたよ。

※運動疲労を軽減させるには、当日までにグリコーゲン(貝類とか)や炭水化物を取るようにすると良いらしい。きのうもペヤング食ってるし。実際、今日は疲れを感じることがあまりなかった。「スタミナつけよう」と思って肉類(たんぱく質)を取ると逆効果らしい。そういや、最近は食ってないけど去年はサーキットに行く前(朝)に乾麺パスタを茹でて食ってたら調子よかったな。最近やってないけど、次回から復活させてみようかな…(←藁にもすがる思い)。


本日、我々の所属するリーグは自チームを含めて3チームしかいないため2試合だけでした。
我がチームのリーグ成績としては、3-0と2-1でどっちも負け。

※リーグは1チームにつき3ペアで戦い、先に2ゲーム取ったら勝ち。実は、チームとしてはどっちも2タテで負けてるんだけど、リーグのチーム数が少ない=時間に余裕あり&せっかくバドミントンしに来たんだから…ということで、リーグ戦の勝負が決まっても試合をやっていました。なので上記のような戦績となります。

自分が出たペアとしての成績は、1試合目が2-0負け(どっちも6-21ぐらい)、2試合目が2-0勝ち(17-21、19-21ぐらい)でした。なんか知らないけど、勝ったのは俺のペアだけスか。

1試合目の相手は、上位リーグで敗退して下位リーグに落ちてきたチームの主力ペアだったため、地力で劣勢。とはいえ、レシーブの仕方でもうちょっとなんとかなったんじゃないかと。相手は男子2名でこっちは男女ペアだったが、負けるにしても最低10点は取らないとね。点差が開いたのは組んだ女子のせいじゃなく、俺のポジション取りの悪さと観察力の弱さが原因。
(2セット目後半で、「ネット際のドロップに弱いな」と気づいたが、遅かった。)

気を取り直して2試合目。既にリーグ戦としては負けが確定していたため、気楽といえば気楽だった。2試合目のペアは、クルマが好きな若者(♂)。俺よりセンスがあると思うが、(他のチーム員にも共通するのだが)メンタルが「やや弱気」…。

そこで、「洗脳」に入った。

まずは試合前。

「サーブは高く浮いてもいいから、ネットにかかったりショートしなければなんでもOK!」
「サーブ以外の返球も、とにかくネットを越えればOK! 相手がミスするかもしれないし。」
「練習でも公式試合でもやることは同じ。今やれることをやるだけ。」

…と、「頑張らなきゃ」「うまくやらなきゃ」という気負いを捨てさせる。

んで、試合中。

点を取ったら「いいね♪」「次もその調子!」
スマッシュがネットにかかったりアウトになっても「狙いはいいよ、次もその調子で打てば入る!」
カウンターを食らっても「ごめん、俺が拾えなかった!」

気づけば、試合中に俺が同じような状態になってもペアからも同じような発言。洗脳成功っす。
こうなればこっちのもん。連続で点を取られても、試合の過程などなんとも思わなくなる。終わってみれば2タテで勝利。

とりあえず、「公式試合で1勝」の目標を達成。「サーブミスはしない」という小目標も密かに達成。

※SUGOもこの調子でもいきたいねぇ。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1752-dbd16c84

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】