HOME>マイカー事情(他クルマネタ)

さすがに

こいつは「道具」にケチつけてもいいかな。といっても原因は自分の作業だけど。(ドラテクも絡むが。)

7月のSUGOでも先週のハイランドでも、ステアを一定以上切るとヘンな音と振動が出て曲がらないときがあった。「あらま、ひどいドアンダー出しちゃった!」と思っていたけど…。

※こないだUPしたSUGOウェット走行動画の時点で、ステアを多めに切ったときにヘンな振動音が出ています。

ブレーキフルードのエア抜きが終わった後、ブリーダープラグのキャップを戻そうとステアをめいっぱい切ったときに

「あれ?」

ステアを切る途中で、フロントタイヤの後端側がボディーに干渉しているっぽい。そりゃ曲がらないはずだ。キャスターを起こした際、ホイールベースがタイヤ干渉を起こすほどに短くなっていたようで。
次回走行時もアライメントはイジりたくなかったけど、さすがにこいつは直さないとダメだ。うまく走れているときは問題ないけど、危険回避のときに致命的というか危ない。キャスターを寝かせれば、タイヤがフロント側に移動するはず。

小陀角で曲がれないテク不足があるからこそ判明した不具合でした。

フルードのエア抜きといえば。

8mmサイズはラチェットメガネとオープンエンドしか持っていないため、8mmのクイックコンビレンチ(ノーマルメガネ形状と、掛け換え不要のオープンエンド形状になっているタイプ)を買いました。400円しませんでした。工具専門店では専用のフレアナットレンチが売っているのですが、経験者の黒33さんいわく、

「フレアナットレンチは、頭の部分がデカくて邪魔になるやつがある」と。

こないだ作業してみたら、フレアナットレンチより薄い工具でもたしかにそんな感じ。キャリパーやホースとのクリアランスが少ないのね。

ステアを持ち替えない練習も地味にやってました。昨日は蔵王、今日は通勤路。どっちもクルマはマーチだけど、ムダではないと思う。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1739-d2fead1d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】