HOME>マイカー事情(他クルマネタ)

便利工具

クルマをメンテするときに使っているソケットレンチは、ハンドルもソケットも10年以上前に買った安物工具セットを使っています。ボルトをナメてしまわないよう、高いトルクがかかる足回り用にはKTCの17ミリと19ミリ(6角タイプ)を追加で買った程度。そういえば、ジャッキもカヤバのシザースジャッキがやはり10年以上のロングラン。壊れないですね。その他、細々としたもの(ドライバー、ペンチ、)も、すべて安物。特に痛い目にあったことがないので、運がいいのかも。

今回、「これは便利」と気づいたものがあったので主要サイズを揃えた。首振りできるギアーレンチです。決して高くはないけど、サイズを揃えるとなるとそこそこの値段はしますね。スナポンには及ばないが…

【こんなやつ】
geartech.jpg

藤原産業というところの製品で、「ギアーテック」というブランド名で販売している。
数年前から、8ミリ(マフラーのサイレンサーボルト外し用として)、10ミリ(ナンバープレートのボルト用として。サーキットでよく使う。)、14ミリ(クルマには多用されるサイズ)とちょくちょく買い足していたが、頻繁に活躍しています。ソケット+エクステンションでないと手が入らないような場所じゃない限り、ほとんどこいつでイケます。

で、たまにソケットを使う場面が出るのですが「レバー切り替えが面倒くせぇな」と。

というわけで、12ミリ、13ミリ(クルマでは珍しいけど、GTウィング調整ボルトとタワーバーがこのサイズ)、17ミリ(足回り関係の早回し用、ソケットだとたまに邪魔になるんだよね)を買い足して、15ミリと19ミリ以外は全て揃いました。

※19ミリはまだしも、15ミリって使ったことないかも。

似たような首振りギアーレンチで、締める←→緩めるをレバー切り替えするタイプもありますが、ギアーテックだと工具を裏返すだけで締める←→緩めるを切り替えできるからラクチンです。回転方向の矢印が刻印されているので分かりやすい。この辺は好みかもしれませんけどね。

今日は物置(家の2階&外のリアル物置)の片付けもやったので、空間すっきり。置き場所が確保できそうなので、エアーコンプレッサー&エアーツールでも買おうかな。もっとも、「そのうち」は近日じゃなくて年単位の話ですけど…。

片付けといえば、「ロータリーエンジン&タービン展示空間」も確保しましたよ♪ 嫁にいつ「捨てろ!」と言われるか…(ガクブル)

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1602-58c29fc0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】