HOME>バドミントン

今後の課題

至近距離でスマッシュを打ち込まれてもドロップで落とされても、なんとか食らいついて返そうと動くのだが、頭上高く超えていくクリアーを諦めてしまう傾向に気づいた。諦めるというか、「アウトかな?」と期待して「あちゃ~、入ってた!」というケースが多い。しかも、ライン際じゃなくてしっかり入っている。クリアーも最後まで追っかけるクセをつけよう。

いっぽう、ネット際ではかなり有利に返せている、気がする。こないだの試合のときは、自分のチームの試合のほか、クラス違いの他の試合も見ていたが、どちらもネット際での攻防がやけに少なく感じた。職場での昼休みの練習では、自分も他の人もちょくちょく狙うんだけどね。レベルの高い対戦だとそういう状況にならないというなら納得だが、もしかして"暗黙のローカルルール"でもあるんでしょうか? やりすぎると体育館の裏に呼ばれてフルボッコされるとか…(怖)

ルール上はまったく問題ないはずだから、次の試合はこの辺をうまく使ってみたいですな。

余談。

こないだの試合のとき、同チーム(※職場が違うので会ったのは初めて)の人に、

「学生時代からの経験者ですか? 返す場所が"策士"ですよね。」と聞かれたので、「中学のときに部名だけ。でも、練習も本番も試合がキライだったので、体育館が使えない日に学校の外周走って、筋トレして素振りがメインでした。体育館は極力避けていましたというか部活を避けていました。」

と正直に答えたら、「え~!? なんでですか~???」と言われたので、真相をゲロしたところ、「…、穏やかな顔してるのに、過激なんですね…(ドン引き)」と。

今は無理ですよ♪ キレてもせいぜい言葉で返すぐらいです、たぶん。もっとも、職場にはそんな人がいないから楽しくやれているのですが。

今に繋がっているものがあるとすれば、東北大会で1位か2位になってた先輩ひとりだけかな。その人は実力があっても偉ぶってなかったし、教えるときもすごく丁寧だったので別格でした。(他の奴は、先公を含めてクソ以下だったがな!)

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1589-f1e1edcb

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】