HOME>マイカー事情(他クルマネタ)

全てを任せる

クルマを仕様変更するときって、昔は「これを換えればココが良くなる♪」というメリットしか浮かばなかったのですが(※とはいえ、良い先輩がいたおかげで、そんな思考はクルマを初めて買ってからすぐに矯正された)、ヘタに知識の増えた今では「コレを換えたら、アレは大丈夫???」というような"詮索"がついつい入ってしまう。

そういう意味では、今回の仕様変更は自分としてかなり思い切ったつもり。

タイヤ&ブレーキのキャパはあまり気にしていない。いくらパワーが上がっても、タイヤとブレーキでやれることが決まっているならば、やれることをやるだけ。

熱対策についても、走る前から自分程度で予測がつくものであれば、みんな苦労していない。

しかし、ゲート非開放(大気開放せずにフロントパイプに戻すHKSキット標準仕様)と、メインパイプの細い今のマフラーがどうにも気になった。排圧は大丈夫なのかなぁ~と。行き場のない排圧が、エンジンに負担をかけるのでは…という心配。ゲートを大気開放にしたほうが、排圧は抑えられる。しかし、ロータリーでゲートを大気開放すると凄まじい音になるらしい。もちろん車検のことも心配だが、車検を心配するレベルじゃねーぞ、みたいな。ペリ仕様の直管サウンドほどではないんだろうけど。

(ちなみに、ゲートの音ってよく「ウゲェ~」と表現されるけど、個人的には「ジャアァァ~」という感じの音をゲートの音だと思っている。聞き違いですかね?)

ところが、それも考えすぎだったようだ。簡単に書くと、ノーマル(純正触媒=大きな排気抵抗=二次排圧高め)を基に考えればよい話。排圧が高くなるのを嫌うのであれば、クルマの仕様を基にセッティングしてもらえばよいだけの話ということ。

安易にサイドポート加工が必要かと思ったのだが、それも不要(※逆に排圧は高くなる)。エンジンの負担を憂うのであれば、現仕様のままでのサイドポート加工はむしろやらないほうがよいようだ。

ここまでの話は、お店に相談せずに自分で調べてみた結果だが、あらためて仕様確定後のパーツ一覧と照らし合わせると…なんということでしょう。チューニングとして、ちゃんとまとまっている。仕事だから当たり前といえばそれまでかもしれないが、プロはすごいと思った。

全てを任せよう。餅は餅屋。仕様変更まで、あと29日。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1564-e45b7724

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】