HOME>デジスパイス覚書(他ロガー関係)

デジスパイス関係 中間報告

私自身が手探りでデジスパイスの記事を書き連ねてきたため、当然のごとくまとまりのない状態になってきました。

購入から使用までの流れを、ちょっとだけまとめておきます。

購入するにあたっての前提

使う前の準備

ここまで終わったら、使用前日あたりに付属ソフト「Gps View」でAGPSを更新しておきましょう。
(この写真の青枠部分のボタンで実行)

いざ使うときは、まず本体のボタンを3秒以上長押しして電源オン、ナビモードへ。
・・・というかBluetoothの青ランプが点灯するまで長押しして離す感じ。

ナビモードからログモードに移行するには、同じくボタンを1秒以上長押し。
これも、ログ記録の緑ランプが数秒に一回点滅するかどうかで確認します。

走り終わったら、ボタンを3秒以上長押しして電源を切りましょう。帰宅までログ取りっぱなしだと、帰宅後のデータ加工が面倒です。

デジスパイスの走行解析ソフトの使い方は、デジスパイスのマニュアルを参照下さいね。

んで、デジスパイス提供のツールで作成したNMEAファイルと車載動画を合体させるには、別の準備が必要です。

車載動画とGPSデータの合成(環境準備編)

で、準備が出来たらVSD for GPS作者様のページを参考に、カッチョイイ動画を作成して下さい。

[高画質で再生]

VSD for GPS test [拍手]

ここまでやれれば、とりあえず満足度は高いかと。これ以外の細かいところは、これまでの記事&今後の私の記事(どちらも、中身は保障できません…)を覗いてみてください。

最近思うのは、「サーキットにパソコンが持ち込めない人は、Photomate887の予備が欲しいんじゃないかなぁ?」ということ。

特に、精細モードでログを取得する際は、保存容量の制約が厳しい(約二時間)ので、うっかり電源OFFを忘れると、メモリ残量があとどれぐらいなのか不安だと思う。私は、パソコン持参でも標準モードが無難かなと思ってますけど。デジカメも、けっこう電源の消し忘れが多いので。

Photomate887の価格自体は安いので、午前用と午後用みたいに二つあればパソコンを持ち込めない人でも安心して使えると思うのですが、ある理由でそれができません。しかし、現状でデジスパイスを2個買う(4万円弱×2)のは高い。8万円あったら他のことができちゃうよね。
※自分の場合、その辺とクルマ以外のことを考えてネットブック買ったので、結局8万円ぐらいになってるが。

我々は、サーキットで走ることが主の目的ですから、ログ容量や電池残量を気にして集中力が落ちたり、かといって、それをクリアするにあたって前述のような高い予算がかかってしまうのは本末転倒。

勝手な案としては「デジスパイス(ロガー2個入り)」とかを、4万5千円程度で売ってはどうかと。
きっちり倍の値段じゃ、みんなLAP+使うよ…。

この辺の問題(←大げさ?)がサーキットやネット上で見受けられるようになったら、デジスパイスさんの権利を侵害しない形でもうちょい記事を追加する予定です。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1515-47a86e27

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】