HOME>デジスパイス覚書(他ロガー関係)

デジスパイスを使う前の準備

とりあえず、使うにあたってはパソコンにインストールやらなにやらが必要です。

で、正直「パパッと終わるでしょ」と思ってましたが、そうでもなかった。
いや、やることは難しくないんですけど、CDが2枚あるのが曲者。
無駄な時間を使うのは私だけでよいと思うので説明しておきましょう。

まずは内容物の確認。大事だね。

・photomate887本体
・photomate887固定用ブラケット
・photomate887用ストラップ
・USBケーブル
・シガープラグ給電用ケーブル
・photomate887用セットアップCD(8cm)
・走行解析ソフト「デジスパイス」用セットアップCD(12cm)
・保証書
・簡易インストールマニュアル(トホホです・・・)
・Locrとかいうソフトの1ヶ月試用アカウント情報入りチラシ

「※予告無く製品内容物が変更になる可能性があります。」ってマニュアルにあるので、あしからず。

とりあえず、内容物が確認できたらパソコンで準備を始めましょう。

0 焦らず、1から順番通りにやりましょう。ここでいきなりphotomate887をパソコンに接続すると、Windowsのおせっかいでウィザードが起動したりして面倒なことになると思います。

1 まず、デジスパイスのデモ版をインストールしている人は、アンインストールして下さい。

2 8cmのCDをパソコンにセットし、Driverフォルダ内のUSB_Driver.rarを解凍し、InstallDriver.exeを実行します。

 ここで、「解凍できない」という人は作者さんに感謝しつつLhaplusをダウンロードとか。 Lhaplusじゃなくても、拡張子RARの圧縮ファイルが解凍できればなんでもよいです。

 ちなみに、12cmのほうのCDにもInstallDriver.exeが保存されています。 私は最初、そちらを実行してphotomate887を接続したのですが何度やっても通信できず、15分ぐらい悩みました。その他、12cmの中には走行解析ソフト以外のものが入っているが、instdigspice.exe以外は無視推奨!
 (12cmCDのみでセットアップができた方がいたらご一報ください。)

3 ドライバーのインストールが終わったら、パソコンを再起動します。

4 12cmのCDをパソコンにセットし、instdigspice.exeを実行します。

5 走行解析ソフトのインストールが終わったら、ソフトが起動するか確認します。

6 photomate887を付属のUSBケーブルで接続し、充電します。無用なトラブルを避けるために、USBハブ越しではなくPC直結推奨。

7 充電が終わったphotomate887を、電源OFF状態でパソコンと接続します。

8 photomate887をナビモードにします。

9 走行解析ソフト「デジスパイス」で、GPSタグを選択し、「セットアップ内容確認、ログ保存空き容量チェック」ボタンをクリックします。

digspice1.jpg

  photomate887の情報が表示されたら、おおまかな初期設定は終了です。

うまくいかないひとは、3番の再起動が抜けているのかも? あとは、私みたいにマニュアルに沿ってやってるつもりが、「InstallDriver.exeって、二つあるじゃん!」という罠にハマっている?

12cmのCD内には、文字化けしたテキストファイルとかも入っているんですが、これも8cmのCD内の同ファイルはちゃんと読めるんだよね。

デジスパイスさんには、CDの内容物の再確認・再構成と、マニュアルの更なる改良を望みます。12cmのCDだけでセットアップが終わるような商品構成じゃないと、行き詰まるひとがけっこういるんじゃないかと思った。

・・・さて、「勉強のため、自分でやりますっ♪」といった社長、セットアップ終わったかなぁ。

次回は・・・どうしようかな。ログの取り方の話にするか、Googleアースの話にするか、考え中。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1490-15d672d8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】