HOME>バドミントン

考え方

カテゴリ迷ったけどバドミントンということで。

今日の昼休みの練習で、あることを実践してみました。一戦目は、私の急激な『変化』がフェイントともなったのか、一点も与えずに勝ちました。

「うん、やっぱり決まるんだね。これを続けてみよう・・・か。」という感想。

今日実践したことというのは、文章で書くと

「絶対優勢の場合、躊躇せずに攻める」

というだけです。基本といえば基本なのでしょう。

しかし、今までそれが出来なかったのです。

ひねくれているというかなんというか「絶対優勢」というのがダメなんです。

例えば、対戦ゲームならすごく有利なキャラは使いたくないし、クルマも4駆ターボはちょっと敬遠(いや、S15とFD3Sはじゅうぶん有利な車体だけどね)。

バドミントンも、絶対有利な状況だと、(自分がうまいわけじゃないのに)相手が打ち返せそうなギリギリを狙って打ち返してみたり。

でも、「そんなことはもっともっと上達してから気にすることなんだ」と割り切ってみることにしました。

クルマ関係も・・・ちょっと考え方を変えてみようか否か、思案中。

(なにをどう変えたらいいのかもハッキリしていませんがね。)

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1484-2668ddfc

コメント

「15」
># ○し○さんへ追伸
今日、割り当てられましたよ15。
15もなかなかですが、14のほうがすごいかも。
是非、指名乗りで(違)

で、7でA級取れました。

↑なんか暗号みたい。
ですね
聞こえが悪いかもしれませんが、他人(相手)のことをあまり考えないようにしてみます。

>不快な振動
車載でのブレのことですか?
悩んだら
あんまり頭で考えないで、ベストベストを積み重ねることが大事なんではないでしょうか?   あ、15はたしかに不快な振動が・・・・

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】