HOME>バドミントン

「じゃんけん」に近づいてきた?

クリア・ドロップ・スマッシュの3つを混ぜるようにと言われたので課題にしてきましたが、最近ようやく打ち分けというか「相手を見て打つ」ということができるようになってきたかも。じゃんけんでいえば、ようやくグーチョキパーの3つを覚えて選べるようになった感じ。

しかしながら、「相手がこういう位置にいるから、これを打ったほうがいい」という判断ではなくて「さっきスマッシュ打ったから次はドロップにしよう」なんていう打ち方をするとNGで、高確率で返されます。

その辺もふまえつつ、「ドロップとクリアーばかりでスマッシュを打ってないから、あえて連発してみるか」と思い、試しに打ってみたらけっこう決まりました。でも、こればっかりだと簡単にカウンター食らうようになるだろうけど。

もうひとつ。

バドミントンは、攻められてレシーブで返す場合もあるので、そっちも課題を決めています。試合中以外は軸足を意識した素振りをちょこちょこやって、試合中は腰を低くするというか重心を低くすることを意識しています。

この「低重心」の効能。

素早く落下点に移動できるようにと始めたのですが、それ以外の効果もあるような。シャトルが見やすい・・・気がする。距離にしたら10センチそこらなのでしょうが、視点の違いというのは大きいのかもしれません。ほら、クルマもローポジションシート等で視点が変わるだけでドライビングが変わりますし。

もっとも、誰かに指導されて始めたわけではないので、これが正しいのかどうかはわかりません。ダメ出しされたらやめます。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1481-d7a45784

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】