HOME>バドミントン

セオリーと"読み"

久々にバドミントンの記事。

「ここが惜しい」とか「ここがダメ」という指摘が増えてきたので、初心者は脱しつつあるのかなぁと勝手に想像して喜んでます。みなさん優しいので、最初は褒めて褒めてのアゲアゲ状態でしたからね・・・。

で、いまだにすっきりしないのがポジション取り。

「自分or味方がシャトルを上げたら、味方と自分がネットに平行して横に並ぶ」

「自分or味方がシャトルを前に落としたら、味方と自分がネットに対して縦に並ぶ」

というのがセオリーのようです。

で、私の反応遅れのときも多々あるのですが、ヘタクソなりに相手を見ながら「今度はこっちだろ」と思ってセオリーと違った動きをすることも。


で、結果的に

ラケットにはギリギリ届きそうだが届かなかった

or

かすった
(↑タッチで相手得点。ヘタに触れなければ、味方が打ってくれたんじゃ・・・という欝パターン)

or

どうにかラケットに当たったけど返せなかった

・・・という場合が多々あり。それを見て、「動きが逆」との指摘。

うーん。

これは、味方のジャマをして自分が拾いにいったこと自体が間違いだという場合があると思うし、事実なら受け入れるのですが、そうなると、

「どこまでを任せて、どこまでをフォローするか?」

という部分の判断が難しい。だいたいにして、私の技量であれば味方のフォローを常に期待したいぐらいですが、「積極的に動け」という基本指導のもとに練習試合をしているので、フォローに頼ってはいられません。

そんなわけで、バドミントンの技術以外のところで迷いが生じています。

そう思うと、クルマの運転はレースを除けば「タイムアタックは自分以外に相手がいない」状態なので、ラクと思えば気がラクなんですかねぇ。偉そうなこと言えるタイムが出ていないけど・・・。

この記事のトラックバックURL

http://okiraku15life.blog6.fc2.com/tb.php/1401-56f7369b

コメント

ありがとうございます
はじめまして。

アドバイス、ありがとうございます。
そうですね、全部自分で取りに行くことを意識してみたいと思います。
はじめましてー(m。_。)m
FDが好きで色々な方のブログを回っていたところバドミントンの話題があったのでついついコメントしたくなってしまい。。。

セオリーなんてものは基本的に気にしない方が吉ですねw
「ネットに対して」なんて考えず、相方の動きによって出来たコートの穴をカバー、ただそれだけのルールを守れば自然にダブルスらしい動きになりますよ!
自分が動けばもちろん相方はカバーしてくれますし、ダブルスの良いところはシングルス以上に大胆な読みや、行動をとっても相方のカバーがあるので積極的に動けるってことですから、あれこれ考えちゃダメですw
ミスなんか気にせず、「俺が打ちに行ける範囲の球は全部俺のもんだ!」ぐらいの意気込みでw

「ダブルスで勝つコツはどれだけ相手コートのネットの帯より下に打てるか」です!
バドミントンはとても楽しいスポーツですのでこれからも頑張って下さい!
長文失礼しました(m。_。)m

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】