スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーキットの装備品

サーキットを走り始めた頃は、「ヘルメット・長袖・長ズボン・手袋」という最低条件を満たしていればOKだった。サーキットを走り始めた頃、ヘルメットは安いバイク用ヘルメットだった。さすがに、手袋として軍手を使用したことはないのですが。

サーキット走行を重ねるにつれ、気がつけば耐火性のあるレーシングスーツを着るようになっていた。初めてレーシングスーツを着たのは…調べてみたら10年前でした。ついでに(?)レーシングシューズも買っちゃったり。

そして、最低限の装備には求められていないフェイスマスクを使うようになった。汗っかきなので、耐火性より汗対策のほうで満足感があった(苦笑)。しかし、それでも中途半端。シャツ・パンツ・靴下は、いまだに「フツーのヤツ」で、耐火性などありません。

で、去年の夏ぐらいから、顔に汗をかくと、かゆみのような不快感(繊維負け?)が出るようになり、フェイスマスクを買い替えようかとネットで物色。すると、東レの吸汗・速乾素材を使ったフェイスマスクを発見。FIA非公認だが、もともとFIA規則が絡む走行などないので試しに買ってみたら…あら、真夏でも快適♪ 相手に危害を加える物ではないので、リスクを承知で使う分には許してくださいな。

もちろん、車両火災のときにはシャツ・パンツ・靴下も含めて衣類は全身ノーメックスが最強です。衝突時はHANSが役に立ちますし、車両にはサイドバー付きロールバーがあるのがベストです。理想は…耐火性がありつつ、汗っかきでも繊維負けがしない快適装備なのですが。
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。