酒もタバコも大麻も合成麻薬も、ドラッグ。

合成麻薬密造を準備した疑い 「教授」と呼ばれる男逮捕

麻薬を売ったも射ったも珍しいニュースではないのですが、 ”教授” というあだ名で「あれ?」と思った。10年以上前に買った本に、”教授”というあだ名の人物がいたことを思い出した。同一人物なのかどうかは確認のしようもないが。

実録ドラッグ・リポート

目次には 「ケミカル『教授』の熱意」と”教授”という表記が一つあるだけだが、本の随所で”教授”が登場。自分が作った合成麻薬を、おそらく自分は使ってもいないのに「よかったのだが、キミも試してみないか?」という感じで実験台にしようとするお茶目…とはいえない狡猾なキャラなので、印象に残っていた。

なお、私がこの本を買ったのは、以下の理由でドラッグに興味があったからです。

 ・逮捕されるというリスクがあるのに、なぜ違法ドラッグに手を出すのか?
 ・他人事のように思っているが、酒・タバコ=合法ドラッグと、覚醒剤その他の違法ドラッグの境目は、法律以外に何が違うのか?

当時、この本を読んだ感想は、

 ・きっかけはどうあれ、一回味わうと、なかなか抜けられないものなのだなぁ。怖いなぁ。
 ・…ん? 効き目その他に違いはあれど、ジャンキーの定義からすると、酒とタバコも変わりないのですが…

というものでした。

味がどうこうという話は、酒もタバコも 「そこは理由にならない。」 と思っています。
そんな記事を書きながら、酒を呑んで、タバコを吸ってるという(苦笑)。

世間から忌み嫌われるタバコも、吸い方次第で甘い味や香りを感じることができます。酒は、食べ物の延長上に捉えられて、タバコよりは社会的地位が高い傾向がありますが、味と香りを取り払えば、それはアルコールでしかない。

ニコチンフリー・アルコールフリーで売った場合、そこそこは売れる可能性がありますが、「現状の酒・タバコ」に慣れ親しんだ人には、たとえ味と香りが同じであっても「あくまで代用品」という感想を持つのではないでしょうか。飲酒運転に繋がる酒については、アルコールフリーのビールの売上げを押し上げましたが、ニコチンフリーのタバコをヒットさせるのは難しいのかもしれません。

酒・タバコ以外にも、イメージで歪められているものがあります。大麻。

ちょっと前に、元女優が大麻所持で逮捕されましたが、「大麻」というのも難しい。日本の社会も、逮捕された女優の頭の中も、マリファナ・カンビナス・ヘンプがごちゃ混ぜ。詳細は割愛しますが…例えば、神社のしめ縄は大麻です。七味唐辛子にも麻の実が入っています。ですが、「神社のしめ縄に大麻が使われているから良いモノだ、だから大麻はOK!」は、先ほど申し上げた ”ごちゃ混ぜ” から起こる誤認の典型例です。

法律を守るのは常識人として大事ですが、法律が絶対的に正しいかどうかは別問題ですね。

MT免許=要らない子の風潮

普通免許、「マニュアル」はもう不要なのか?

街乗りであれば不要でしょうね。しかし、MT車が存在する限り、制度の廃止は出来ない雰囲気。

屋台の許可みたいに、まずは「現存の発行限りで原則廃止、新しく取得するのも、原則廃止。どうしてもMT免許を取りたい人は、一定の条件や手続きを踏まないと発行しない」という方向もあり得るのかなぁ。

現行のハチロク(BRZ)、フェアレディZ、ロードスターあたりの現行MT車が現存しなくなる30年後ぐらいに、MT免許という存在が、どうにかなっているかもしれません。

ただ、国がMT免許を躍起になって廃止するメリットも特に思い浮かばないので、このままダラダラと50年は変わらず…かもね。



 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】