酒もタバコも大麻も合成麻薬も、ドラッグ。

合成麻薬密造を準備した疑い 「教授」と呼ばれる男逮捕

麻薬を売ったも射ったも珍しいニュースではないのですが、 ”教授” というあだ名で「あれ?」と思った。10年以上前に買った本に、”教授”というあだ名の人物がいたことを思い出した。同一人物なのかどうかは確認のしようもないが。

実録ドラッグ・リポート

目次には 「ケミカル『教授』の熱意」と”教授”という表記が一つあるだけだが、本の随所で”教授”が登場。自分が作った合成麻薬を、おそらく自分は使ってもいないのに「よかったのだが、キミも試してみないか?」という感じで実験台にしようとするお茶目…とはいえない狡猾なキャラなので、印象に残っていた。

なお、私がこの本を買ったのは、以下の理由でドラッグに興味があったからです。

 ・逮捕されるというリスクがあるのに、なぜ違法ドラッグに手を出すのか?
 ・他人事のように思っているが、酒・タバコ=合法ドラッグと、覚醒剤その他の違法ドラッグの境目は、法律以外に何が違うのか?

当時、この本を読んだ感想は、

 ・きっかけはどうあれ、一回味わうと、なかなか抜けられないものなのだなぁ。怖いなぁ。
 ・…ん? 効き目その他に違いはあれど、ジャンキーの定義からすると、酒とタバコも変わりないのですが…

というものでした。

味がどうこうという話は、酒もタバコも 「そこは理由にならない。」 と思っています。
そんな記事を書きながら、酒を呑んで、タバコを吸ってるという(苦笑)。

世間から忌み嫌われるタバコも、吸い方次第で甘い味や香りを感じることができます。酒は、食べ物の延長上に捉えられて、タバコよりは社会的地位が高い傾向がありますが、味と香りを取り払えば、それはアルコールでしかない。

ニコチンフリー・アルコールフリーで売った場合、そこそこは売れる可能性がありますが、「現状の酒・タバコ」に慣れ親しんだ人には、たとえ味と香りが同じであっても「あくまで代用品」という感想を持つのではないでしょうか。飲酒運転に繋がる酒については、アルコールフリーのビールの売上げを押し上げましたが、ニコチンフリーのタバコをヒットさせるのは難しいのかもしれません。

酒・タバコ以外にも、イメージで歪められているものがあります。大麻。

ちょっと前に、元女優が大麻所持で逮捕されましたが、「大麻」というのも難しい。日本の社会も、逮捕された女優の頭の中も、マリファナ・カンビナス・ヘンプがごちゃ混ぜ。詳細は割愛しますが…例えば、神社のしめ縄は大麻です。七味唐辛子にも麻の実が入っています。ですが、「神社のしめ縄に大麻が使われているから良いモノだ、だから大麻はOK!」は、先ほど申し上げた ”ごちゃ混ぜ” から起こる誤認の典型例です。

法律を守るのは常識人として大事ですが、法律が絶対的に正しいかどうかは別問題ですね。

MT免許=要らない子の風潮

普通免許、「マニュアル」はもう不要なのか?

街乗りであれば不要でしょうね。しかし、MT車が存在する限り、制度の廃止は出来ない雰囲気。

屋台の許可みたいに、まずは「現存の発行限りで原則廃止、新しく取得するのも、原則廃止。どうしてもMT免許を取りたい人は、一定の条件や手続きを踏まないと発行しない」という方向もあり得るのかなぁ。

現行のハチロク(BRZ)、フェアレディZ、ロードスターあたりの現行MT車が現存しなくなる30年後ぐらいに、MT免許という存在が、どうにかなっているかもしれません。

ただ、国がMT免許を躍起になって廃止するメリットも特に思い浮かばないので、このままダラダラと50年は変わらず…かもね。



同感

イカ「活け締め」動画に「虐待」指摘 「食ったことないのか?」と諭す声

男子高校生の言っていることのほうが正論。「わざわざ動画としてアップする必要がない」という意見もあるのでしょうが、自分の目に映らなければよいのかと。

「みんな自分が食べてるものの出所?を知らなさすぎる! 牛、豚、魚、にしろああやって殺してから出荷する人がいる。
 そのことを知ってほしい!!」

と、これまた正論。

ついでに言いますと、植物も生きています。もしも、何も殺さずに生き続けている人間が存在するなら、その人は水だけ飲んで生活できる方?

生きている限り、人間は他の生き物の命をいただいています。あらゆるものの命に感謝して、食事の前には「いただきます」と言いましょう。

カートが、世の中の注目対象になるとは。

公道カート安全対策 国交省、月内にもレンタル業者に要請

このような問題が広く知られる前までは、「カート」という単語から連想される一般的なイメージというと…

①遊園地にあるアレ? →ゴーカートですね。扱い方を間違えると、たまに死ねますが…。
②スーパーマーケットにあるアレ? →カートですけど、違います。
③マリオカートね! →もともと、ホンモノがあるのよ? コースアウトしたり崖から落ちたら、本当はタイヘン。

という具合でレーシングなイメージはなかったと思うし、良いのか悪いのか、公道走行が増えてここまで有名になった要因は③であろう。もっとも、マリオカート@任天堂には何の非もないというか、「とばっちり」なのだが。


さて。


安全対策といいつつ、今後はドローンと同じように「規制・規制・規制!」の方向でしょうね。私は、本当にカートを楽しむのなら公道禁止でもいいと思っていますが、誰かがケガしたり死んだりすると急に動き出すというのが、「またか。」と思うと同時に「アホか。」とも思っています。

ここからは私の憶測ですが…公道か否かはともかく、以下の要因が事故を誘発している気がします。

 ・初めてカートに乗って、緊張&興奮状態
 ・カートに乗るだけでも非・日常感なのに、それを公道で乗っているという非・日常感→興奮要素増加
 ・普段とは操作系が違う乗り物に乗っている(ATだと片足操作、カートは強制両足操作)

「普段乗っているクルマで、サーキットを走ってみたら…クラッシュ!」というのが珍しい事象ではないので、「公道で、乗ったことのないカートに乗ってみたら…クラッシュ!」というのは…まぁ、そりゃ起きるだろ、という。

何が一番悪いかといえば、カート=手軽というイメージで客を集めていたことではないでしょうか。

カートは、コースにもよりますが市販のハコ車のタイムを上回るタイムで走れてしまったりしますので、


手軽 ≠ 安全な乗り物


と思います。生身ですし。





自毛証明

カツラ疑惑…じゃないほう。

高校入学時の「地毛証明書」 福岡の場合は...

今も昔もあるんですね。

私、実は微妙にもとから茶色ベースで、強い陽射しがあたると、かな~り茶色に見えるときがあります。

私の姉は、茶色というか赤い毛(ホントに赤いのよ…)も多く、中学校で「お前、染めてるだろ!」とセンコ…いやいや先生様に言われて、母親が「この子は生まれつきです」と証明していた。当時はさすがに、幼少の頃の写真の提出まではなかったが。

私もたまに「赤いやん!」という毛が一本だけ飛び出て目立つことがありました。最近は…赤いのはほとんど見ない。白いのばっかりですわ(苦笑) なお、今の私の願望は、天然で真っ白になることです。が、そこまでは多くなく。嗚呼、中途半端。


さて。


いまどきは、幼稚園前から子供の髪を染める親がいるようですね。私は、個人的には髪の毛の色など何色でもいいんじゃないか、島国ニッポン→ほぼ黒髪しかいないから、こんなくだらないところで教育云々だと騒ぐんじゃないか、ヒマなのかと思ってます。けど、子供の弱い皮膚に、市販のお手軽ヘアカラーや脱色剤は、どうなのかなぁと思う。肌に優しい天然素材で染めるタイプなら、まぁええんちゃう?

最後には自分の首が絞まる

物流が悲鳴、ヤマトが宅配取扱量抑制を検討 独自配送網を構築する事業者も

アマゾンは規模がでかいけど、それだけではなく通販、ネットオークションなどで宅配件数は増えているのでしょう。でも、喜んでいるというよりは苦しんでいる感じですね。

よくよく考えると、「配送料無料」というのは、ホントに無料なワケがない。「まともに考えれば」という条件であれば、我々が払った商品の代金の一部に原価として薄く広く乗っているか、会社が利益の一部を充てている、もしくは一時的に赤字を出してでも売上高やシェア向上その他を狙ってやっているか…あたりです。

でも、こういう報道を見ていると、やはり末端の配送業者さんが被っている部分があるのではないか…と思ってしまいます。おそらく、「まともじゃない状況」があるのだろうなという感じがします。

現在の輸送大手トップ3は、ヤマト・佐川・日本郵便のようですが、どこか一社でもトラック物流の業務規模縮小or撤退したら、流通は廻らなくなるので値上げ必至と思います。値上げで対応してくれるのならありがたいと思うべきです。

今まで無料だったものにお金がかかる、又は値上げとなると、利用者の一部は文句を垂れるでしょうが、「じゃあ、お前が自力でA地点からB地点まで運ぶ手配を自分でしろよ!」という話。私は、バブルの時代は就職していなかったのですが、ある視点では今よりイイ時代だったと思います。きちんとサービスの対価を支払っていたのでしょうから。今は、自分さえ良ければ、適正な対価さえ支払いたくない人ばかりという時代なのでしょうか。

物流の9割をトラックが担っているのが日本。トラック物流に影響が出ると、最後には自分の首が絞まる。




 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】