Windows10、「勝手に更新」←?

「勝手に更新」というが、WindowsUpdateの設定をどうしているかによっても変わるので、なんともいえない気がする。

どの設定が最良というのはなく、各々の使い方や考え方によって設定を選ぶしかないのに、ニュースでは「自動更新が問題だ!」みたいな取り上げ方。違和感を感じる。なお、大正義の「セキュリティー」を挙げたりもしているが、そこにも違和感を感じる。OSが最新=セキュリティー最強は成り立たないと思うのですが。

とはいえ、マイクロソフトがこのようなカタチを取り始めたという点には興味があります。一般用途のメインであるウェブブラウズとメールだけなら、 "マイクロソフトが更新を続けてさえいれば" OSなどWin2000~XPあたりでも事足りるだろうし、そもそも私の下の世代は「パソコンは持ってないです。スマホやタブレットでじゅうぶん(=Windows不要)です。」という人がちらほら。自分が普段使っているOSが何なのかということが意識されなくなったのですから、社会におけるコンピュータ全体の役割としては成熟したのでしょう。

「Windows搭載ワープロ」は過去のお笑いネタですが、今、Windowsが過去のワープロ相当物になるかならないかの分岐点に近づいている? Windowsの優位性は、「変えると面倒だ」という法人系用途の消極的選択に頼っている状況なのかもしれません。少なくとも、個人レベルでは「OSがWindowsでなければ困る」という人は確実に減っているんだろうと思います。

マイクロソフトが「新しいモノを買わなければ、更新のメリット(セキュリティーレベルの一定保障)は提供しない!」と明言してしまえばよい気がしますが…そこは、日本人よりはっきりと態度に表すと言われるアメリカ人でもはっきり言えない、なんらかの「様式美」があるのでしょうか? 

安定稼動

自宅のファイルサーバ(玄箱)に繋がらないことを発見。pingも飛ばない。遂にHDDが逝ったか?(恐)

とりあえず、家電マニュアルの「こんなときには?」ではないけど、電源が入っているかどうか、自室(2階)から降りて自宅1階(ルータ設置場所)を確認。…電源、切れとるやん。

そういえば、電気メーターの交換のお知らせが来ていたので、そのせいか。sysylogを見ると8時40分頃のログを最後に沈黙。電力会社、来るの早いな。

「そういえば、この玄箱っていつ組んだんだ?」と思い、システム関連のフォルダの作成日付を見ようと思ったが、 ls のみではフォルダ名しか分からない。ファイル作成日を見る…こんな簡単なコマンドも思い出せず、google先生で検索。 ls -cl でした。

2007年から稼動しているらしい。もうすぐ10年。汎用機並みの安定稼動? 

よくHDD持ってるなぁ。こだわって選んだ日立製のおかげかも。近々、壊れる前にデータのお引越しかな。壊れる前にやっておけば現HDDが丸ごとバックアップになるし(←そのうち接続方式が古くなり過ぎて取り込み不能となり、鉄屑になる可能性大ですな…)。

正直、今もう一回ファイルサーバを構築となると、しんどい。昔は情熱があったんだなぁ。当時30歳…若かったんだなぁ(←オッサン)。

パソコンも免許制だな。

昨晩。

ふと、親父が

「最近、パソコンが重くなった。」「いつもの狐のマーク(ブラウザfirefoxの意)が出ない。」「パソコンを起動しただけで、いろんなのが勝手に出てくる。」などと言う。

おいおいおい、いったい何をしたんだ!?

聞くと、お盆に甥っ子が遊びに来たとき、甥っ子がゲームをインストールしてからおかしいようだ。後で調べたところ、そのゲーム自体は問題なさそうだが、おそらく、ダウンロードしたサイトがいまいちよろしくなかった(そこで余計なボタンを押したなども考えられる)、もしくは、同名の偽ファイルをダウンロードしてしまったっぽい。


確認してみた。


パソコンを起動すると…「脅威が発見されました! "今すぐ駆除(ボタン)"」というWindowsっぽい偽ポップアップや、広告ポップアップなどが数個立ち上がる。デスクトップには謎の中華くさいショートカットが多数。ブラウザを開くと、トップページはこれまた中華系に強制接続。コンパネからプログラムリストを見ると、甥っ子が来たという日に余計なソフトがたくさんインストールされていた。

あからさまにマルウェア感染ですな。で、私がインストールしておいたウィルス対策ソフトは、なぜか息していない。 Oh…

なんだかんだで24個のマルウェア削除。アンインストールしたプログラムの数は忘れた。

姉経由で事情を確認すると…甥っ子は過去に友達の家でやったPCゲームが気にいったらしいが、姉宅のパソコンは姉の旦那がしっかり管理しているため、ゲームができなかったらしい。そこで、親父のパソコンでゲームをやろうとしたという経緯。

…やっぱね、パソコンも免許制が必要かもしれません。割とマジで。

親父のパソコンの使い方は、ネットブラウズと家計簿管理ぐらいなので、実際の金のやりとりはありません。最悪、HDDの中身が全部ぶっこ抜かれても、大勢に影響はありません。これがもし、クレジットカードで買い物をしていたり、ネットバンキングを使っていたらと思うと…小学生が気軽に触っていいものではないと思うのです。

バッテリー終了

ノートPCのバッテリーが終了したっぽい。充電100%となっても、バッテリーでの起動不能。あれ?
電圧を測ると、正規の電圧よりかなり低い。おそらく、セルが何個か逝ったのかな。

ノートPCのバッテリーを長持ちさせるには、充放電サイクルを管理すると良いらしい…というか、ラジコンのバッテリーと同じです。が、ノートPCとは名ばかりで、持ち歩かずに宅内固定で使ってるから、サイクル管理しても消耗は激しいだろうし、面倒くさいし。

交換用バッテリーは1万円近辺ですが、同じ使い方だと、どうせまた同じことの繰り返し。だったら、小型UPS新調のほうが良いかも。UPSなら、パソコンが変わっても使えるし。

なお、デスクトップ型PCを使っている頃はUPSなしのノーガード戦法でしたが、幸運にも電源寸断によるトラブル無しでした。WINDOWS UPDATE中に電源が切れたら、もうたまんないんだろうなぁ(他人事)。

親父のパソコン

親父は、姉の家からもらったお下がりのパソコンを使っているのですが、OS肥大化&HDD狭小&旧型機のコンボで動きが遅く、電源も入りにくかったりと買い替え時期。XPですし。

今年に入って早々に「Windows7の入ってるパソコンなら、たぶんどれを買っても今より高性能で快適だから、値段で選んでサッサと買ってしまえば?」

と言っていたのですが、しばらく経った今でも、まだ買っていないのでパソコンショップへ行った。

案の定、最近の騒ぎ(?)で在庫はほとんどなく、残っているのは高価格帯のもののみ。

親父「中古もあるね。安いし。」
私 「やめておいたほうがいいよ。新品を買ったほうが結果的に安上がりだよ。」
  (あなたの場合、買って再構築など絶対しないだろうし、どうせ次も限界まで使うんだろうから…)

帰宅して、ネット通販でBTOパソコンを発注。工場も忙しいようで、3週間かかるみたい。

広告

インターネット上の広告。

ビジネスモデル上、広告収入が必要なのだろうけど、私は記事を読みたいだけなので。
某社のモーションウィなんたらは、どこのサイトに行っても同じお勧め商品が表示されるし(しかも、オプトアウト設定してもキリがない雰囲気)、最近は、画面の左右サイドでチカチカするようなのも出てきたので…はっきりいって目障りです。


なんとかならんのかと思ったら…対策、あるのね。これはいい。

Adblock Plus - Surf the web without annoying ads!:

広告等をブロックした際にできる空白は、自動的に隙間を詰めてくれるので、画面表示もスッキリです♪

(こういったツールって、日本人も作ってそうなんだけど…私の検索能力が低いので見つけられず。)

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】