マスク

メキシコのプロレスラーが被っているものではなく、風邪のときにつけるほうです。

私は、幼少の頃から体力(※運動センス的なものを除く)については恵まれているようで、小・中・高~社会人まで、体調不良で休んだのは数えるほどしかありません。思い起こせば、家族がマスクをつけている姿を見たことがありません。そのせいか、風邪が流行る時期になると良く見かける”他人が着用しているマスク”について、「あんなの、意味あるのかなぁ?」と思っておりました。他人に伝染させないというのは分かるけど、あんな紙っぺらで防御なんて出来るのかと。

しかし、今回の風邪で気づきました。

鼻水&咳・たんのほかに、変な汗が出る悪寒が伴うので、はっきりいって布団で寝ていたかったのですが、業務都合で市販の風邪薬を飲みながら無理やり出勤してました。といっても定時までが限界。ハタから見たらどうなのかは不明。それはともかく、「他人に伝染させるとまずい」と思い、これまでほぼお世話になったことのないマスクをしていたら、思わぬ発見。

マスクをしていると、咳に悩まされる回数が激減。喉が乾燥しにくいからなんでしょうかね。

これまでは、

マスクをする=カラダが弱ってますというアピールみたいでイヤ!

と思っていましたが、「自分と他人のために、必要なときは使うようにしよう…」と、人生@40歳の冬で初めて思った。





ヒョウロンカ

仕事。

職場で、なんらかのタイミングの度にちょくちょく研修に行かされます。なお、バックレると代償(罰)として論文提出(長文)を課せられるらしいのだが、個人的には中身のない論文を規定の文字数以上書くほうがラク。しかし、オトナの事情でそっちの選択肢は取っていない。

さて。

今回は、後輩をどう指導するかという類の研修でした。結論としては、頷くものと「…え?」というものが混ざっていた。混ざっていたというか、根本的に、「…いや、かなり難易度高いだろ。」というものだったので記す。

センセイ曰く、

「人間には、天性のもの(性格・思考)があるので、そこはなかなか変えられませんが、仕事空間における振る舞いを変えさせることはできます♪」

とのこと。 …う~ん、この。どんだけポジティブなんだ。

かといって、ネタがネタですから必勝法などあるわけもなく、「この研修内容は、あくまでヒントです。あとは、実務に携わる皆さんが云々…」という締め。

その正論が本当に成り立つのなら、年収1億円を払うからウチに来て欲しい。毎年20人が、ヒョウロンカ先生のいう人材に生まれ変わるのなら、安いもんです。

私は、「三つ子の魂、百まで。 」というものを作った人のほうを支持します。これを覆す教育というと…洗脳か、もしくは、本人に相当の喜びを与える経験をさせるかの二択ではないかと。もっとも、洗脳の場合は「逆らえない前提」を脳に植えつけつつ、うまく喜びも与えているのでしょうけど。

今日の結論:人心掌握は、綺麗ごとでは成り立たない。

いまどきのクルマを試乗

今すぐ買い替えを考えているわけではないのですが、流れで。

ディーラーにマーチを出したら、「リーフ、試乗しましょう!」と。

 ・かかったのかどうか分からないエンジン(いや、モーターか)。
 ・パネルに表示が出るが、何のことだか分からない。
 ・ステアリングにもいろんなスイッチがあるが、やはり何がなんだか。
 ・いろんな制御が働くようだが、操作と違う挙動を勝手に起こされるのが怖い。
 ・通常のバックミラーに、カメラ式のバックミラー機能を内包。夜はカメラのほうが見やすくて便利だとか。
  →しかし、なんか違和感があるので通常のミラーのほうで運転した。
 ・低速のチカラはある。これはモーターの利点か。ストップ&ゴーの多い市街地に向いていると思われる。

私が思ったのは、リーフがいいとか悪いとかではなく、自分がトシを食ったんだなぁということ。
新しいものをスムーズに受け入れられなくなっている。慣れれば便利なのでしょうけど。

新しいクルマを買って、長い年月乗れば徐々に使いこなせるようになるんだろうけど…現行車で欲しいクルマはないなぁ。
欲しいというわけじゃないけど、今後のために、自分のクルマも福祉車両にすべきかなぁ?ということぐらいは気にしていますが。

※うちの親父が仕事でいないとき=助手席スライドアップシートのあるクルマがないので、
 母親が(救急車を呼ぶまででもない程度の)体調不良などになったときを考えると不安。
 こないだの「家庭内ノロ事件」のとき、どうしようかと思った。

マーチは、純正のセンターマフラーが腐りかけていることとフレーム継ぎ目のサビ以外は、特に問題がない。
12万キロ無交換のクラッチがそろそろ寿命かと思うが、今はなんともないし、滑り始めたら交換すればよいだけ。

消費期限と賞味期限とか、食の話。

こういう素朴な疑問の類は、子供向けページが分かりやすいんだなぁと改めて思った。

消費期限と賞味期限

今日は、賞味期限を1ヶ月以上過ぎた瓶詰め塩うにの残りを、酒のつまみとして食べる。…いや、こんな塩辛いもの、「開けたらすぐ食えよ!」と言われても、たま~にチビチビ食う類のものだから、賞味期限内には食べきれないです。それに、塩気が強いからすぐに腐らんだろうという素人考え。中身を取り出すとき、清潔な食器を使うぐらいの気遣いはしておりましたが。

私の幼少期を遡ると…幼い頃は、多少カビが生えたパンでも、カビ部分を切り落としたり、「焼けば大丈夫!」という親父の謎理論で食わされていたことを思い出す。餅も、正月になると祖父から大量に届けられたので、同じような感じでした。でも、カビが生える=目に見えて青くないところでも、カビ菌は存在するらしいですね…カビパン・カビ餅に限らず、市販のカビタイプチーズも、体が弱っているときに食べてしまうと、消化しきれずに体内でカビが繁殖してしまう場合があるとかなんとか(怖)。


…あぁ、思い出した。


私は、ヤマザキ春のパン祭りが大っっっ嫌いだった。当時は小学生~中学生なのに、「親は損得勘定がおかしい!」と思っていた。食い切れなくて、朝昼晩とパンばかり食うぐらいなら、その金で欲しい皿を買ったほうが手っ取り早いのに、と。当時の私は、そもそもパンが嫌いだったので、苦痛で追い込まれて頭が冴えたんでしょうかね(わらい)。


話が逸れた。軌道修正。


チーズなんかは、賞味期限を越えてから旨みが変化するものがけっこうある。ブリータイプのチーズは、むしろ期限ギリギリかちょっと(だいぶ?)過ぎてからの方が好み。もちろん自己責任。

豚ホルモンも、20代の頃は、半生よりちょい焼いた程度の焼き具合で食うのが好きだった。まぁ、オススメしないし、今はやってない。

今までで一番痛い目にあったのは、意外にも賞味期限を2日過ぎたヤクルト・ジョア。腹を温めると幾分ラクだということに気づき、風呂に入りましたが…風呂から3時間ほど出られませんでした。風呂から出ると、途端に腹がキリキリ…みたいな。

で、こんな感じで40年ほど飲み食いしていますが、(見えない体内ダメージは知らんけど)深刻な状態に陥ったことはない。
いっぽうで、最近はポテトサラダが原因で、幼い子が命を落としたという残念なニュースもあった。
いいトシだから、もう少し自重したほうがいいかなぁ(←ジジイ)。

来年の話

鬼が腹筋を吊りそうになりながら笑っていそうですが、来年は、今年よりは仕事も趣味も良化するんじゃないかなぁ~と。そんな風に捉えて前向きにならなければ、今がやってられない。

4月から家庭(家計)環境が変わり、仕事環境が変わり、趣味にもそれなりの影響があった。でも、5~6年ほど前の…

・仕事で突然の異動→千年に一回レベルの震災に伴う残業、残業の日々
(ノルマの〇〇億円に加えて、私が20年ぐらい働かなくていいレベルの金を、交渉によるプラスアルファでゲット。もちろん、個人ではなく職場に入る金…)

・両親が、ほぼ同時期に入院
(高額医療費制度はありがたい。紙一枚の申請有無で、100万円が10万円って…オカシイ!)

・残業帰り…酔っ払い運転の自転車の、死角からの突撃で警察沙汰。
(突っ込んできた人は良心があったが、親がクソだった。アタマに来たので、裁判も辞さない強い態度で臨み、平和(←?)解決。)

以上の全てが重なってハードモードだった2011年後半~2012年前半と比べたら…今は、そこまでの苦境ではない。仮に、再びそのような事態が降りかかってきても…ない頭を振り絞って、精一杯生きてさえいれば、、なんとか乗り越えられるだろうという経験(根拠のない自信?)も得た。

今年を乗り切れば、来年はラクだと思いたい。 厄年? そんなもんは気にしない。みんながみんな、決まった年齢&1月1日を境にトラブルが増える/増えないなど、冷静に考えたらおかしいのではないか。強いて言えば、2011年後半~2013年春までがマイ厄年でしたから、もういいでしょ。世間で言う厄年は、早期解消しましたよと。

今の状況は、厄がどうのこうのじゃなく、これまでの自分の行いで、いいことも悪いことも起きているんだと思います。自己責任。因果応報。気持ちだけでも前向きに。

どんよりムードを打破したい

4月から新しい部署に配置換えになって半年になろうとしていますが…しんどいなぁ。その要因は以下の通り。

・慣れないことが多い&続く。
・業務と環境が変わると、ここまで違うのかと思うほど、「こんな仕事に、こんなに時間かけてしまった…」というダメージ蓄積
・数年に一回の、重たい案件の年に当たってしまう。実は期限遅延状態。ケツカッチン!
 (震災対応の1000年に1回の仕事よりはマシですが…正解がない類なので合意形成過程がキツイ。)
・例年、まず誰からもツッコミを受けない資料作成で、上層部からツッコミあり。5年前まで遡って検証する仕事が発生。
・さらに、ウン十周年記念事業に関する別の仕事…重なるなぁ。
・以前の部署も少人数だったが、今はさらに少人数なので代休取得にも気を遣う。かといって、休まないのはNGだし、どうしろと。
・特に期限はないが、上層部リクエスト案件があと2~3件あるのに、手付かず。無視してるんじゃなくて、手が回らない。


で、先週は悪いことにトラブルが2つ重なり、自己嫌悪も加わってどんよりムードです…


が。


ここで腐っても仕方ないし、ミスっても給料はもらえてるし、クビになってない。今日も酒を飲んで、生きてる。 幸せ~♪
やっちまったもんはしょうがない。ここから仕切り直して、どんよりムードを打破したい。

その動機は…仕事が大事で頑張るんじゃなく、遊ぶために頑張る。 改善は、邪(よこしま)な動機から生まれる。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】